ゆうちょ限度額倍増は「遺憾」 政府方針に地銀協会長

 全国地方銀行協会(地銀協)の柴戸隆成会長(福岡銀行頭取)は16日、東京都内で記者会見し、政府がゆうちょ銀行の預入限度額を現状の1300万円から倍増する方針を決めたことについて「遺憾と捉えている」と述べた。地銀協は限度額の引き上げに反対していた。

 柴戸氏は、政府がゆうちょ銀の親会社である日本郵政の株式の6割弱を保有していることを念頭に「政府関与が残り、民間との競争条件が確保されていない」と指摘。民間金融機関からゆうちょ銀へ資金が流れないよう、政府が適切に監視することなどを求めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索