東証、午前終値2万0706円 世界経済先行きに警戒感

東証、午前終値2万0706円 世界経済先行きに警戒感

 22日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は小幅反落した。国際通貨基金(IMF)が21日に世界経済見通しを下方修正したことを警戒した売りがやや優勢となった。円相場の安定を背景に朝方には小幅高となる場面もあり、方向感が乏しい値動きだった。

 午前終値は前日終値比12円67銭安の2万0706円66銭。東証株価指数(TOPIX)は3.57ポイント安の1562.80。

 IMFは21日発表した世界経済見通しで2019年の世界全体の実質成長率を18年10月時点から0.2ポイント引き下げ、3.5%に下方修正した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索