ヤマト子会社に改善命令 国交省、引っ越し代金過大請求

ヤマト子会社に改善命令 国交省、引っ越し代金過大請求

 国土交通省は23日、引っ越し代金を過大請求したヤマトホールディングス(HD)子会社に対し、貨物自動車運送事業法に基づく事業改善命令を出した。国交省は昨年夏以降、同社に立ち入り調査を実施するなどして事実関係を調べてきた。安全面ではなく、顧客との取引を巡って業者を処分するのは異例だという。

 処分するのは引っ越しを手掛ける「ヤマトホームコンビニエンス」(東京)。ヤマトHDは昨年7月、2016年5月から昨年6月末までに2640社で計約4万8千件、法人向け引っ越し業務で総額約17億円の過大請求があったと公表。その後、過大請求の見積額を過去5年間で約31億円とした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索