住友重機械、新たな検査不正 計288件、一段と拡大も

住友重機械、新たな検査不正 計288件、一段と拡大も

 住友重機械工業は24日、同社と子会社3社で計288件の検査不正が新たに見つかったと発表した。半導体の製造装置などのデータを改ざんしたり、動く歩道を無資格者が検査したりしていた。スキー場のリフトの一部装置も含まれていた。調査が進めば、不正件数はさらに拡大する見込み。昨年も不正が発覚しており、品質軽視とコンプライアンス(法令順守)欠如が鮮明となった。

 半導体関連の改ざんは2004年から行われていた。製品の安全性や性能に問題はないという。

 住友重機械は今回の不正に関与したのは合計13人だったとして、組織的ではないと説明している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索