ホンダ英工場21年に生産終了 欧州不振、米中に注力

ホンダ英工場21年に生産終了 欧州不振、米中に注力

 ホンダは19日、英国南部のスウィンドン工場での四輪車生産を2021年中に終了すると発表した。欧州での競争激化による販売不振が要因。域内での電動車の生産も難しいと判断した。欧州での四輪車生産から撤退し、米国と中国の二大市場に注力する。英国では欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」が迫っており、今回の決定が他企業の英国撤退を後押しする可能性もある。

 工場の約3500人の従業員の処遇は労使間の協議を開始し、工場は22年以降に閉鎖する方向で検討する。生産は北米などに移管し、南部バークシャー州にある欧州統括の本拠地は維持する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索