東芝メモリに数千億円出資へ 秋上場にも政投銀、INCJ

 半導体大手の東芝メモリ(東京)が、日本政策投資銀行や官民ファンドのINCJなどから出資を受け、数千億円規模の資金を調達する方向で調整していることが21日、分かった。今秋にも東京証券取引所への新規株式公開(IPO)を目指しており、米アップルなどが保有する優先株を買い戻す。

 日本勢による株式保有を増やし、安定した経営環境を整備する狙い。6千億円の融資を受けている主力金融機関を通じて、数千億円規模の追加融資を受けることも検討している。政投銀やINCJからの出資金額で追加融資額は変動する可能性がある。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索