グーグルに制裁金1900億円 広告巡りEU競争法違反

グーグルに制裁金1900億円 広告巡りEU競争法違反

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は20日、米IT大手グーグルがインターネット広告事業における圧倒的なシェアを乱用して、他社が扱う広告がウェブサイトに掲載されるのを妨げたとして、EU競争法(日本の独占禁止法に相当)違反で、制裁金約14億9千万ユーロ(約1900億円)の支払いを命じたと発表した。

 欧州委がグーグルの競争法違反を認定したのはこれで3件目。EUは、米国の巨大IT企業の経済慣行や情報管理に厳しい目を向けている。

 欧州委は、グーグルがネット広告提供契約を結んだサイト業者などに、競争相手のサービスを利用しないよう求めたりしたとしている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索