EU、対中経済戦略の見直しへ 影響力警戒、不均衡是正

EU、対中経済戦略の見直しへ 影響力警戒、不均衡是正

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は22日、ブリュッセルで開いた首脳会議で、経済面を中心に対中国戦略の見直しを進めることを決めた。中国の巨大経済圏構想「一帯一路」にイタリアが参画するなど、影響力が拡大している中国への警戒感が背景にある。関係が深まる中で目立ってきた貿易不均衡の是正などを目指す。

 ユンケルEU欧州委員長は会議後の記者会見で、中国を「パートナーであり競合相手でもある」と指摘した。中国との貿易が「不釣り合いだ」と批判。競争が公平でないとして是正を求め、貿易における相互利益が必要だと訴えた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索