NY株、一時110ドル安 世界経済の懸念継続

 【ニューヨーク共同】週明け25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末からの下げ幅が一時110ドルを超えた。世界経済の減速懸念が引き続き相場の重しとなった。

 午前10時現在は前週末比94.04ドル安の2万5408.28ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は18.66ポイント安の7624.01。

 日経平均株価(225種)や欧州の主要株価指数が下落したことも投資家の心理を悪化させ、売り注文を誘った。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索