米高官、FRBに利下げ求める 金融政策に圧力

 【ワシントン共同】トランプ米政権で経済政策を担当するクドロー国家経済会議委員長は29日、米ニュースサイトのアクシオスに対し、米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げをすべきだとの考えを示した。

 トランプ大統領は昨年末まで利上げを進めたFRBを批判してきた。政権は今後、独立して金融政策を担うはずのFRBに対し、利下げ圧力を強める可能性がある。

 クドロー氏は「利下げが見たい」と語り、政策金利は2%を超えるべきではないと指摘した。現在の政策金利は年2.25〜2.5%で、0.5%の利下げが必要になる換算だ。

 FRBは金融引き締めから様子見の姿勢に転換している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索