大戸屋12品目最大70円値上げ 人件費や魚など材料費が高騰

大戸屋12品目最大70円値上げ 人件費や魚など材料費が高騰

 定食チェーンを運営する大戸屋ホールディングスは18日、定食メニューなど12品目について、23日から10〜70円値上げすると発表した。人件費や魚などの材料費が高騰していることが理由という。東京都内で記者会見した窪田健一社長は「アルバイトの時給が上がっており、直営店だけでも年間数千万円のコスト増になっている」と説明した。

 大戸屋によると「しまほっけの炭火焼き定食」が970円から1040円に、「ロースかつ定食」は910円から950円になる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索