米、1千万超のエアバッグ調査 トヨタ車で死亡事故も

 【ニューヨーク共同】米道路交通安全局(NHTSA)は23日、衝突時にエアバッグが開かない恐れがあるとして、トヨタ自動車やホンダ、三菱自動車などメーカー6社の計1230万台を対象に調査を始めたと発表した。問題が確認されれば大規模なリコール(無料の回収・修理)に発展する可能性もある。

 NHTSAは、エアバッグを起動させる装置が、衝突時に発生する電気信号の影響で作動しなくなる可能性があるとみている。装置は、米部品メーカーの製造という。

 NHTSAは、トヨタの乗用車「カローラ」が絡む2件の衝突事故でエアバッグが開かず、うち1件で死者が出たことも明らかにした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索