日産自動車、ゴーン後体制固まる 社外取締役、過半数に

 日産自動車は17日、西川広人社長兼最高経営責任者=CEO=(65)や企業連合を組むフランスの自動車大手ルノーのティエリー・ボロレCEO(55)ら2人を含む計11人の取締役候補者を決めたと発表した。日産とルノー以外の社外取締役は、最終的に過半の7人となった。日産を20年近く率いた前会長カルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=が退場した後の体制が固まった。取締役会議長は社外取締役が務め、ルノーとの統合を巡る問題などの経営課題に対処する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索