西武信金に業務改善命令、金融庁 不動産向け融資でずさんな審査

西武信金に業務改善命令、金融庁 不動産向け融資でずさんな審査

 金融庁は24日、信用金庫大手の西武信用金庫(東京)に対し、投資用不動産向け融資でずさんな審査を行い、リスク管理体制に不備があったとして、信用金庫法に基づき業務改善命令を出した。反社会的勢力との取引排除に向けた体制も不十分だったと指摘。落合寛司理事長の発言力が強く、内部統制が機能していないとして改善を求めた。

 落合氏は同日、引責辞任し、高橋一朗常務理事が後任に昇格した。高橋氏は記者会見し「地域密着経営に徹し信頼回復に努める」と謝罪した。約9年間トップを務めた落合氏は欠席し、説明責任を果たさなかった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索