サッポロが最軽量のビール缶導入 22年、サントリーも採用

 サッポロホールディングス(HD)が2022年までに、国内最軽量となるビール缶に切り替えることが17日、分かった。この軽量化技術の一部をサントリービールが採用するなど、環境負荷の低減に向けた取り組みが広がっている。

 サッポロHDによると、傘下のサッポロビールが製缶大手東洋製缶の技術を活用し、08年から缶の胴に当たる部分の軽量化をサッポロの北海道工場(北海道恵庭市)で採用している。さらに1缶350ミリリットル入りのふたを従来の3.1グラムから2.9グラムに減らす技術を大和製缶と開発した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索