米FRB、早期の利下げ示唆 「適切に行動」、緩和転換

米FRB、早期の利下げ示唆 「適切に行動」、緩和転換

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は19日、中国との貿易摩擦で経済の先行きに不確実性が高まっているとして「景気拡大を維持するため適切に行動する」と表明し、早期の利下げを示唆した。参加者17人のうち半数近くの8人が年内の利下げを見通し、金融政策を緩和方向に転換した。景気減速リスクが強まれば、7月末にも利下げに踏み切る可能性がある。

 主要中銀では、欧州中央銀行(ECB)も追加金融緩和の構えを示したばかり。相対的に円高圧力が強まって日本の輸出企業の業績を圧迫しかねない。日銀は難しい対応を迫られそうだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索