メキシコ議会、新協定批准を承認 NAFTA見直し、3カ国で初

 【ロサンゼルス共同】メキシコの上院議会は19日、北米自由貿易協定(NAFTA)を見直した新協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の批准を承認した。3カ国で最初の承認となったが、米国とカナダでは議会手続きが進んでおらず、発効時期の見通しは立っていない。

 メキシコのロペスオブラドール大統領は「良いニュースだ」と承認を歓迎し、対米関係の改善に期待感を示した。トランプ米大統領は「おめでとう」とツイートした。

 ただ、トランプ氏はメキシコ国境からの不法移民流入に反発し、メキシコへの制裁関税の発動などを示唆しており、両国関係は今後も不安定な状況が続きそうだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索