リクシル前CEO復帰へ 会社提案、一部退けられる

リクシル前CEO復帰へ 会社提案、一部退けられる

 LIXIL(リクシル)グループが25日に開いた定時株主総会で、前社長兼最高経営責任者(CEO)の瀬戸欣哉氏を支持する取締役候補者の選任議案が可決され、取締役の過半数を確保した。瀬戸氏は経営トップに復帰する見通し。総会は会社側提案の一部が退けられる異例の展開となった。瀬戸氏の退任発表に端を発した経営権を巡る争いと混乱は、収束に向かう可能性が出てきた。

 瀬戸氏側の取締役候補者は自身を含む株主提案の6人と、両陣営で提案が重なる2人で、いずれも選任。会社側の候補者の選任は6人にとどまり、2人が選ばれなかった。選任は計14人となり、瀬戸氏側が過半数の8人を占めた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索