日産・ルノー争い第2幕へ 主導権巡り協議本格化

日産・ルノー争い第2幕へ 主導権巡り協議本格化

 日産自動車は25日、定時株主総会で新体制に移行した。企業連合を組むフランス大手ルノーとの関係見直しに向け本格協議に入る。業績改善を優先してきたが、対立が本業の重荷になっており方針転換する。資本の論理を押し通してきたルノーに対し、自立経営を堅持できるのかどうかが焦点で、世界最大級の自動車連合の主導権を巡る駆け引きは第2幕へ移る。

 総会後の取締役会で、代表執行役に西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)と山内康裕最高執行責任者を選定した。統治指針も策定した。利益相反の恐れがあるとして山内氏がルノーの取締役から外れる可能性がある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索