IT業界団体、情報銀行を初認定 三井住友信託とイオン系

 IT企業の業界団体の日本IT団体連盟は26日、個人情報データを預かって民間企業などへ提供する「情報銀行」に、三井住友信託銀行とイオン子会社のフェリカポケットマーケティング(東京)を初めて認定したと発表した。ほかにも複数から申請があり、認定される企業は今後増える見通しだ。

 両社は購買や移動といった個人情報の預託を受け、データを管理。個人が希望する条件に沿って企業や行政に情報を販売する。個人は提供の見返りとして、企業側から特典などを得られる。

 ただ米国のグーグルやアマゾン・コムといった巨大IT企業と比べ、大量の個人情報を集めることは難しい。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索