東証反落、150円安 中国経済の先行き不安視

東証反落、150円安 中国経済の先行き不安視

 連休明け16日の東京株式市場は中国経済の先行き不安が広がり日経平均株価(225種)は反落した。終値は前週末比150円65銭安の2万1535円25銭で、下げ幅は一時170円を超えた。

 東証株価指数(TOPIX)は7.57ポイント安の1568.74。出来高は約10億4千万株。

 中国政府が15日発表した4〜6月期の国内総生産(GDP)が記録的な低成長となったことが嫌気され、取引開始後から売りが先行した。外国為替市場で円高ドル安が進行し、輸出関連企業の業績を圧迫するとの懸念も投資家心理を冷え込ませた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索