6月の消費者物価、0.6%上昇 伸び率縮小

 総務省が19日発表した6月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0.6%上昇の101.6だった。伸び率は前月の0.8%から縮小。伸びの鈍化は2カ月連続で、伸び率は2017年7月の0.5%以来の低水準にとどまった。

 前年実績を上回るのは2年6カ月連続。総務省は「物価は引き続き、緩やかな上昇を続けている」としている。

 家庭用耐久財や電気代、ガス代などが押し上げた。ルームエアコンは前年同月比で6.3%上昇した。一方で、NTTドコモなどによる値下げで、携帯電話の通信料は5.8%下落。ガソリンも2.7%のマイナスに転じ、伸び率縮小につながった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索