酒類事業に本格参入へ 日本コカ・コーラ

酒類事業に本格参入へ 日本コカ・コーラ

 日本コカ・コーラが九州地区限定で販売していた缶酎ハイを、今秋から全国での発売を検討していることが22日、分かった。拡大が続く缶酎ハイ市場への本格参入を目指す。九州での試験的な販売が好調だったことを受け、全国展開する。

 全国販売するのは、昨年5月から九州地区限定で販売していた「檸檬堂(れもんどう)」シリーズ。世界で展開するコカ・コーラグループが自社ブランドとしてアルコール飲料を発売するのは初めてだった。

 「檸檬堂」は「定番レモン」「塩レモン」「はちみつレモン」「鬼レモン」の4種類あり、アルコール度数はそれぞれ5%、7%、3%、9%。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索