東証反発、終値は204円高 米中協議や半導体業況回復に期待

東証反発、終値は204円高 米中協議や半導体業況回復に期待

 23日の東京株式市場は、米中貿易協議の進展期待や半導体産業の業況回復観測から買い注文が入り、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比204円09銭高の2万1620円88銭で、12日以来の高値を付けた。東証株価指数(TOPIX)は12.45ポイント高の1568.82だった。

 来週に米中両政府が閣僚級貿易協議の開催を検討していると伝わり、好感された。米政権が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する制裁の緩和を図るとの見方も追い風となった。

 半導体の過剰在庫が解消に向かい、市況が改善するとの思惑も広がった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索