東京円、108円台前半

 連休明け17日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半で取引された。

 午前10時現在は前週末比26銭円安ドル高の1ドル=108円21〜22銭。ユーロは63銭円高ユーロ安の1ユーロ=119円12〜13銭。

 サウジアラビアの石油施設が攻撃されたことを受け、中東有事への懸念から基軸通貨であるドルを買う動きと、安全資産とされる円を買う動きがもみ合う展開となった。

 外為ブローカーは「米国や日本で金融政策の決定を控えており、大きな値動きとはなりにくい」と話した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索