東京円、108円台後半

 17日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比19銭円安ドル高の1ドル=108円83〜84銭。ユーロは66銭円安ユーロ高の1ユーロ=120円55〜59銭。

 英国が欧州連合(EU)からの離脱を強行して欧州経済の混乱を招くとの警戒感が薄れ、朝方から相対的に安全な通貨とされる円の売りが優勢だった。午後は材料難から様子見ムードも出た。

 外為ブローカーは「米国の鉱工業生産指数など主要な経済統計の発表を控え、ドルと円を積極的に取引する投資家は少なかった」と話した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る