米、対EU報復関税を発動 ワインや航空機、8千億円

米、対EU報復関税を発動 ワインや航空機、8千億円

 【ワシントン共同】トランプ米政権は18日、欧州連合(EU)による航空機大手エアバスへの補助金に対抗し、EUからの輸入品約75億ドル(約8100億円)分に報復関税を発動した。追加関税率はワインやチーズなど農産品や工業品に25%、航空機に10%。世界貿易機関(WTO)の承認を受けた措置だが、米欧は鉄鋼関税でも対立しており、貿易摩擦の激化は避けられない。

 米国は、英国産のウイスキーやスーツ、ドイツ製の工具なども報復対象に含めた。EUからの輸入額は昨年4870億ドルに上り、対象は全体の2%に満たない。報復による米欧経済への影響は限定的とみられる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る