東京モーターショー、EVが主役 次世代街づくりに、24日開幕

東京モーターショー、EVが主役 次世代街づくりに、24日開幕

 自動車メーカー各社が最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日の開幕に先立ち、報道陣に公開された。トヨタ自動車は人工知能(AI)と自動運転機能を搭載した電気自動車(EV)を、日産自動車やホンダ、マツダなどもEVをそれぞれ出展。EVが主役に躍り出そうだ。

 各社はITを活用し効率的な移動を可能とする次世代の交通体系「MaaS」を基盤とした街づくりを見据えEVに注力している。

 日産は四輪駆動でEVのSUVを世界で初めてお披露目した。2020年にも生産を始める。

 一般公開は25日〜11月4日まで。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る