グーグル基本OSも調査対象か 独禁法で米50州・地域当局

 【ニューヨーク共同】米50州・地域当局による米グーグルに対する独占禁止法(反トラスト法)違反の調査を巡り、米CNBCテレビは14日、スマートフォンの基本ソフト(OS)「アンドロイド」事業が調査対象に加えられると伝えた。関係者の話としている。

 当局は9月に調査開始を発表。これまではインターネット検索で優越的な地位にあるグーグルが検索連動型広告の競争を不当に妨げているかどうかを重点的に調べていた。米司法省などもグーグルを調査している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る