東証、午前終値は2万3305円 3日ぶり反発、米中協議に期待

 15日午前の東京株式市場は、米中貿易協議で「第1段階」の合意に向けた期待から買いが強まり、日経平均株価(225種)は3日ぶりに反発した。

 午前終値は前日終値比164円16銭高の2万3305円71銭。東証株価指数(TOPIX)は13.43ポイント高の1697.83。

 米国のクドロー国家経済会議委員長が米中の早期合意に前向きな見通しを示したとの報道が好感された。

 朝方は上昇して取引が始まったが、利益確定の売りが強まったほか、円高ドル安傾向も懸念されて下落する場面もあった。

 その後は、クドロー氏の発言を手掛かりに買いが優勢となり、上げ幅を拡大した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る