韓国、2国間協議の打ち切り視野 日本の輸出規制、主張対立続く

韓国、2国間協議の打ち切り視野 日本の輸出規制、主張対立続く

 【ジュネーブ共同】日本による半導体材料の輸出規制強化を巡り、韓国が世界貿易機関(WTO)に提訴したことを受けた2回目の日韓2国間協議が19日、スイス西部ジュネーブのWTO本部で開かれた。協議は双方の主張の対立が続き、解決に至らなかった。韓国産業通商資源省の丁海官・新通商秩序協力官は終了後、協議打ち切りに含みを持たせた。

 韓国は協議で解決が見込めない場合、裁判の一審に相当する紛争処理小委員会(パネル)の設置をWTOに求めることが視野に入る。丁氏は協議結果を精査し「次に取るべき手段を検討する。パネル要求も選択肢の一つ」と記者団に言及した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る