東証、午前終値は2万2872円 米中対立警戒し大幅続落

東証、午前終値は2万2872円 米中対立警戒し大幅続落

 21日午前の東京株式市場は、米中対立の再燃を警戒する売り注文が膨らみ、日経平均株価(225種)は大幅続落した。下げ幅は一時400円を超え、節目の2万3000円を割り込んで約3週間ぶりの安値を付けた。

 午前終値は前日終値比276円54銭安の2万2872円03銭。東証株価指数(TOPIX)は16.49ポイント安の1674.62。

 米中両政府が貿易協議の「第1段階」合意を来年に先送りする可能性が意識され、貿易摩擦の長期化懸念から幅広い業種の銘柄に売りが出た。

 トランプ米大統領が「香港人権・民主主義法案」に署名する見通しだと伝わり、東京市場への逆風となった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る