【ニューヨーク共同】人気ゲーム「フォートナイト」を手掛ける米エピック・ゲームズは14日までに、米グーグルが基本ソフト(OS)「アンドロイド」端末向けのアプリ市場を違法に独占していると主張し、競争を阻害する行為の差し止めを求める訴えを米カリフォルニア州の連邦地裁に起こした。

 米アップルのアプリ市場についても競争を阻害する行為の差し止めを求める訴えを起こしており、スマートフォンのOSを握る巨大IT2社に対決姿勢を鮮明にした。

 エピックは13日、手数料を回避するシステムを始めた。グーグルは、エピックが規約に違反したとして、フォートナイトのアプリを削除した。