【北京、ワシントン共同】中国商務省は19日、国家の安全や中国企業の利益を損ねる外国企業をリスト化し、輸出入や投資を制限する制度を発表した。中国系動画投稿アプリ「TikTok」の禁止など対中圧力を強める米国への対抗措置となる。

 トランプ米大統領は18日の記者会見で、中国系動画投稿アプリ「TikTok」の米国事業再編交渉を巡り「複数の素晴らしい選択肢がある」と述べた。情報流出の懸念解消のため、米企業主導の再編交渉に圧力をかけて早期決着を迫る米国と、大国のメンツを重視する中国の駆け引きは激しくなり、着地点は見通しにくくなっている。中国の制度は即日施行された。