日本と英国の両政府は、23日に東京都内で経済連携協定(EPA)に正式署名する。茂木敏充外相と、トラス国際貿易相が署名式に出席する。協定は、関税削減などで日本と欧州連合(EU)とのEPAの内容をおおむね踏襲。それぞれの国会での承認を経て、来年1月1日の発効を目指す。

 日英間で適用されている日欧EPAの低関税などの恩恵が、英国のEU離脱に伴う激変緩和期間が終わる年末でなくなるため、両政府は新たな経済協定の締結を急いでいた。英国にとっては、今年1月のEU離脱後に主要国と署名する初めてのEPAとなる。