JR西日本が28日発表した2020年4〜12月期連結決算は、純損益が1618億円の赤字(前年同期は1171億円の黒字)に転落した。04年3月期に四半期ベースの開示を始めて以降、赤字を計上するのは初めて。新型コロナウイルスの感染拡大で、主力の山陽新幹線や北陸新幹線の利用者が大幅に減少したことが響いた。商業施設やホテルの運営も苦戦した。

 売上高は前年同期比44.0%減の6450億円。本業のもうけを示す営業損益は1755億円の赤字(前年同期は1911億円の黒字)だった。

 鉄道事業の運輸収入は53.7%減。新幹線は64.9%減、在来線は41.4%減となった。