【ワシントン共同】米商務省が28日発表した2020年の実質国内総生産(GDP)速報値は、新型コロナウイルスの感染拡大が響き、前年比3.5%減だった。リーマン・ショック後に2.5%減を記録した09年以来、11年ぶりのマイナス成長に転落。減少幅は第2次世界大戦後の1946年に11.6%減に陥って以来、74年ぶりの大きさとなった。

 20年10〜12月期は年率換算で、前期比4.0%増だった。2四半期連続のプラス成長だったが、感染再拡大による営業規制などが響き、20年7〜9月期の33.4%増から減速した。