【ニューヨーク共同】3日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比121.43ドル安の3万1270.09ドルで取引を終えた。米長期金利の上昇への警戒感が広がり、金利が上がると投資妙味が低下するとされるハイテク銘柄に売りが相次いだ。

 新型コロナウイルスワクチンの普及加速で米景気回復に弾みが付くとの期待感が根強く、下値は限られた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は361.04ポイント安の1万2997.75。