【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比68.13ドル安の3万3677.27ドルで取引を終えた。米保健当局が米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチン接種の一時中止を勧告したことで経済活動再開の遅れに対する警戒感が重しとなった。

 幅広い銘柄のSP500種株価指数は13.60ポイント高の4141.59と過去最高値を2営業日ぶりに更新した。ハイテク株主体のナスダック総合指数は146.10ポイント高の1万3996.10と反発した。