【ニューヨーク共同】米動画配信大手ネットフリックスは20日、世界の有料加入者数が今年3月末時点で2億764万人となったと発表した。昨年12月末からの増加数は398万人と、予想を約200万人下回った。新型コロナのワクチン普及を背景に、成長鈍化が鮮明になった。

 コロナ禍に伴う「巣ごもり」需要の拡大が一服した格好だ。米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーの動画配信サービスなどとの加入者獲得合戦も激化しており、4〜6月期の増加数は100万人と控えめに見積もった。

 21年1〜3月期決算は、売上高が前年同期比24.2%増の71億6328万ドル(約7740億円)。