21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。終値は前日比591円83銭安の2万8508円55銭で、約1カ月ぶりに節目の2万9000円を割り込んだ。新型コロナの世界的流行の深刻化に加え、国内の緊急事態宣言の発令方針が響き、景気停滞が懸念された。20日も急落しており、下げ幅は2日間で計1200円近くとなった。

 東証株価指数(TOPIX)は38.07ポイント安の1888.18で、約1カ月半ぶりに1900を下回った。

 国内では政府が東京都や大阪府などを対象に3度目の緊急事態宣言発令に踏み切る方針となり、大消費地の経済活動が鈍ると警戒された。