【ニューヨーク共同】6日の米株式市場で、新型コロナウイルスワクチンを開発する製薬のファイザーとモデルナの株価が急落した。米政権が支持を表明したワクチン特許権の適用除外問題を巡り、業績への影響を懸念した売りが相次いだ。

 ファイザーは前日比0.39ドル(1.0%)安の39.19ドル、モデルナは2.34ドル(1.4%)安の160.50ドルで取引を終えた。下げ幅は一時、それぞれ4%、11%に達した。一方、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は売り一巡後にプラス圏に浮上し、終値は0.67ドル高の167.74ドルだった。