【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)のタイ代表は12日、上院財政委員会の公聴会で、新型コロナウイルスワクチンの国際的な供給を増やすため特許の一時放棄の必要性を改めて強調した。米国と製薬業界は「世界を救う義務がある」と訴え、交渉の舞台となる世界貿易機関(WTO)で各国に理解を求める姿勢を示した。

 新型コロナの大流行という異常な状況では「並外れたリーダーシップと創造性が必要だ」と話した。特許の一時放棄はドイツなどが反対しているため、WTOの協議は「時間がかかるかもしれない」と指摘。米政権は製造や流通などワクチンの供給拡大に向けた取り組みを進めるとした。