トヨタ自動車は12日、高級ブランド「レクサス」のスポーツタイプ多目的車(SUV)「NX」を全面改良すると発表した。最新の安全技術を搭載したほか、レクサスでは初となるプラグインハイブリッド車(PHV)を設定した。今年秋ごろの発売を予定している。価格は未定。

 車載レーダーの検知範囲を拡大させ、自動ブレーキなどの性能を向上させたほか、衝突の危険性が高いとシステムが判断した場合に自動で回避動作をアシストするなど、最先端の安全機能を採用した。また車載ソフトウエアを遠隔で自動更新し、顧客が購入した後も性能が改善する仕組みを導入した。