NTT東日本は22日、第5世代(5G)移動通信システムを限られた場所で展開する「ローカル5G」の実証実験を、東京五輪・パラリンピックの会場になる国立競技場で行うと発表した。

 AP、ロイターなど海外の通信社5社と共同通信が実験に参加。ローカル5Gのサービスを利用し、開会式、閉会式、陸上競技などの写真を、東京都内のサーバーに送信する。

 NTT東は、東京大会の期間中、国立競技場にローカル5Gの基地局を設置。報道機関が大量の写真を送信するのに役立つかどうか検証する。