トヨタ自動車が24日開示した2021年3月期の有価証券報告書によると、豊田章男社長の役員報酬は前期比700万円減の4億4200万円だった。開示が義務付けられている1億円以上の取締役は1人増の7人だった。

 豊田氏の報酬減は、算定の指標となる本業のもうけを示す連結営業利益が、21年3月期は前期比で減少したことなどが影響した。最高額は昨年6月に取締役を退任したディディエ・ルロワ氏で14億5100万円。退任時にそれまでの税金の補填分として7億4700万円を計上したことが押し上げた。

 東京証券取引所の指針を受け、投資目的以外の政策保有株の見直しを進めている。