東芝は24日に公表した2021年3月期の有価証券報告書で、車谷暢昭前社長らへの一部報酬の支給を留保すると明らかにした。昨年の株主総会の運営を巡り、株主提案などを妨害しようとしたとされる問題で、今後事実関係の調査をすることを受けた対応という。

 車谷氏の留保対象となる支給額の上限は3100万円で「全部または一部が支給されない可能性がある」と説明している。25日に退任する豊原正恭副社長ら執行役2人の報酬の一部も留保する。

 東芝は問題の真相究明に向け調査する方針を示しており「対応が完了するまで留保する」とした。