東芝は25日、東京都内で定時株主総会を開き、社外取締役の永山治取締役会議長と監査委員会委員の小林伸行氏の取締役再任案が否決された。昨年の総会を巡り大株主の議決権行使を妨げようとしたとされる問題に関し、責任を負うべきだと批判が集まった。綱川智社長は「株主をはじめとする利害関係者との信頼回復に努める」と述べた。

 会社側は11人の取締役選任案を諮り、問題の調査結果を外部弁護士が報告した。質疑では株主から「会社で気付くチャンスがあったが、見つけられなかった」との声が上がった。綱川氏ら9人の取締役選任案は可決された。