【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングが28日発表した2021年4〜6月期決算は、純損益が5億6700万ドル(約624億円)の黒字に転換した。黒字は7四半期ぶり。新型コロナウイルスワクチンの接種進展で米国内を中心に旅客需要が回復した。前年同期は23億9500万ドルの赤字だった。

 売上高は44%増の169億9800万ドル。4〜6月期の民間機納入数は前年同期の約4倍に当たる79機に増えた。ただ、主力機「737MAX」や中型機「787」を巡る品質問題を抱えており、経営再建の道はなお不安定だ。