【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比153.60ドル高の3万5084.53ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による量的金融緩和政策の縮小への警戒感が和らぎ、買いが優勢となった。

 2021年4〜6月期の米実質国内総生産(GDP)が市場予想を下回ったことが、FRBの政策変更にしばらく時間がかかるとの思惑を誘った。自動車のフォード・モーターが年間の利益予想を引き上げるなど、企業業績が堅調な見通しとなっていることも相場を支えた。